生きて腸に届く

乳酸菌を摂ることで善玉菌を増やす

人間の腸には、100種類以上、100兆あまりの細菌が生息をしており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌がバランス良く共存をすることによって、腸内活動が正常に働いています。
善玉菌とは、乳酸や酪酸、酢酸などの有機酸を生成する菌のことで、腸の中を酸性に保ったり、便通を促すなどをして腸内環境を改善させる働きをおこなっています。
悪玉菌とは、毒素などの有害物質を生成して、さまざまな病気になる原因を引き起こす菌のことを言います。

日和見菌は、数の多い方の菌に味方をする特徴があるため、善玉菌が多い時な腸にとって良い働きをおこなうものの、悪玉菌が多い腸の中では、悪玉菌と一緒になって体に害を及ぼす働きをおこないます。
悪玉菌よって腸内環境が乱れると、花粉症などのアレルギー症状や肌荒れ、胃潰瘍や胃がんなどのさまざまな病気を引き起こす原因となるため、これらの病気かからないためには、体に害を及ぼす悪玉菌の数を減らすことが必要になります。
悪玉菌には、酸に弱いという特徴があり、善玉菌を増やして腸の中を酸性にすることで、悪玉菌が増殖しづらい環境を作り出すことができるのですが、その善玉菌を増やす作用があると考えられているのが乳酸菌なのです。

乳酸菌には糖を分解して乳酸を生成する特徴があるため、生成された乳酸が腸の中を酸性にして悪玉菌の増殖を防ぐことができます。
悪玉菌の数が減ることで、腸の中が善玉菌の住みやすい環境に変わり、そのことによって悪玉菌よりも善玉菌の多いバランスの取れた腸内環境にすることができるのです。
善玉菌を増やすためには、ヨーグルトやチーズなどの乳製品や、漬物やキムチ、味噌などの乳酸菌を多く含む発酵食品を食べて、体内に乳酸菌を摂り入れることが有効だと言われています。
ただ、体内に摂り入れた乳酸菌は、胃酸や胆汁酸によって約99%が死滅をしてしまうため、食品から乳酸菌を摂る場合は、ヤクルトのように、生きた状態で腸に届く乳酸菌を使用した食品を積極的に摂るようにすると良いでしょう。
また、食品によって体内に摂り入れる乳酸菌の多くは、長い期間腸にとどまることができないため、乳酸菌の効果を引き出すためには継続的に体内に摂り入れる必要があります。

このページの先頭へ