生きて腸に届く

乳酸菌には数千の種類があることを知っていますか?

乳酸菌が腸に良いということを知っている人は多くても「乳酸菌って何?」と聞かれて答えることのできる人は少ないのではないでしょうか?
これは善玉菌の一種で腸の中で乳酸を生成する菌の総称になります。
「乳酸菌」というひとつの種類の菌が存在していると考えている人もいるようですが、
実は乳酸菌には数千以上もの種類があるのです。

この菌がもたらす体への効果は、
・下痢や便秘の改善
・アレルギー症状の改善
・免疫力の向上
・ガンや胃潰瘍の予防
・ピロリ菌の抑制やウイルスの排除
などたくさんありますが、これらの効果も種類によって現れ方が異なります。

つまり、ひとくくりにして効果を期待しがちですが、体内に摂り入れる種類によっては自分が期待をする効果が現れない可能性も考えられるということです。
症状別での乳酸菌の選び方はこちらに載っていますので参考にして、症状を改善できる種類を見つけてください。

数千ある種類すべての効果をお話しすることは難しいので、ここでは代表的な種類とその効果をいくつかご紹介したいと思います。

■ ビフィズス菌
糖を分解することで乳酸以外にも、酢酸、酪酸、プロピオン酸なども生成をしており、正式には別の分類になるのですが、一般的には乳酸菌のひとつとして考えられています。
便通に効果があるため、胃腸薬や整腸薬などに多く使用されており、最近では、アレルギー症状の改善にも効果があることが分かっています。

■ 乳酸菌シロタ株
正式名症を「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」と言い、ヤクルトなどの乳酸菌飲料に含まれています。
酸やアルカリに強い特徴があるため、胃酸や胆汁で分解されることが少なく、生きたまま腸まで届く種類として知られています。
悪玉菌による有害物質の生成を抑える働きがあるため、腸内環境を整えて、便通を良くしたり、美肌にしたりする効果があると言われています。

■ LG21
LG21にはピロリ菌の活動を抑制する働きがあることが分かっています。
ピロリ菌に感染をすると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの胃に関わるさまざまな病気に高いと確率でかかると言われており、LG21には、そのピロリ菌を除去してこれらの病気にかかる確率を減らす働きがあります。
また、酸に強い特徴があるため、乳酸菌シロタ株と同様、生きたまま腸に届くとしても知られています。

■ 植物性乳酸菌
ヨーグルトなどのように乳製品を発酵させることで生息をしている菌を「動物性乳酸菌」と呼び、
漬物、味噌、醤油、酒のように豆や麦茶、米などを発酵させることで生息をしている菌を「植物性乳酸菌」と呼びます。
植物性は動物性と比べてさまざまな微生物と共存をすることができるため、生命力が強く、生きたまま腸まで届く確率が高いと言われています。
このことから、乳酸菌の持つ効果を存分に発揮をすることのできる菌だと言われているのです。

http://bioplastek.com/aru.htmlには1073R-1乳酸菌やクレモリス菌、コッカス菌などが紹介されています。

ここでは、代表的な種類と効果について大まかに紹介をさせていただきましたが、乳酸菌は、菌属、菌種、菌株それぞれが細かく分類をされており、例えば、同じラクトバチルス属であっても、菌種、菌株の種類によって、効果に違いが出ることも覚えておいて下さい。


こちらには赤ちゃんと乳酸菌との関係についてかかれています。
こちらのサイトも是非ご覧ください。

このページの先頭へ