生きて腸に届く

死んでも餌になる乳酸菌

ヨーグルトやチーズ、キムチや漬け物、味噌などのように乳酸菌を利用した食品は、古くから世界各国で食べられてきました。
長い年月をかけて、多くの人々が乳酸菌を利用した食品を食べることによって、この菌が体に及ぼすさまざまな効果が知られるようになったのです。
乳酸菌による効果が知られるようになると、さらに得られる効果を研究する研究者が増えて、そのことによって、利用した多くの商品が開発をされるようになりました。

これまで知られてきた効果は、乳酸菌が生きていることが前提となって話されてきましたが、
研究が進むにつれて、乳酸菌の入った食品を体内に摂り入れたとしても、腸に届く前に、ほとんどが死滅をしてしまうことがわかりました。
その理由は酸に弱いという特徴があるため、腸に到達をする前に胃酸や胆汁酸によって送り込まれた約99%の乳酸菌が死滅をしてしまうのです。
このことから、近年では生きたまま乳酸菌を腸まで届ける「プロバイオティクス」という技術が研究、開発されて、胃酸や胆汁酸に負けないようにコーティングをされたものや、生命力が強く腸までたどり着く確率の高い乳酸菌を利用した商品が多く販売をされるようになりました。

では、今まで言われてきた乳酸菌による効果は何だったのか?
プロバイオティクス以外の含まれた食品を食べても効果がないのではないか?
と考えてしまいますが、最近の研究によって乳酸菌の死骸は腸に定住をしている善玉菌の餌となって有効に働くことがわかってきたのです。
死骸には善玉菌が活発に働くために有効な成分が豊富に含まれているため、死んだ状態で腸に届いたとしても、善玉菌が死骸を餌にすることによって善玉菌が増殖をして、腸内環境を正常に働かせる効果があるのです。

実は、新しくおこなわれた研究では、死んだ状態の乳酸菌を摂取しても、生きた状態の乳酸菌を摂取した時の効果と、ほとんど変わりがないという研究結果も出ているのです。
また、最新の研究結果でも、乳酸菌が生きているかどうかではなくて、死んだ状態であっても、どれだけ多くの乳酸菌が腸に届くかどうかで効果の現れ方に違いが出ることがわかってきたのです。
また、最近ではペット用に作成されている乳酸菌サプリメントがあるそうで、驚きです。

このページの先頭へ