生きて腸に届く

生命力が強く生きて届く植物性乳酸菌

乳酸菌という名前には「乳」という文字が入っているため、乳製品に含まれている菌のことを言うのだと勘違いをしている人も少なくないかもしれません。
乳酸菌が含まれていることを大々的にうたっているのはヨーグルトのような乳製品が多いですから当然のことかもしれませんね。
しかし、乳酸菌の「乳」という文字はミルクを意味しているのではなく、糖を分解して「乳糖」という成分を生成するという性質からつけられたものなのです。

乳酸菌は大きく分けて、ミルクに含まれている糖を栄養源として生息をしている「動物性乳酸菌」と、大豆や米、野菜などの植物に含まれている糖を栄養源として生息をしている「植物性乳酸菌」の2つの種類に分けることができます。
どちらの種類にも、腸内環境を整えて健康な体を維持するために良い働きをすることがわかっていますが、より効率の良い働きをおこなうことができるのは「植物性」だと言われています。
体内に摂り入れた乳酸菌は、胃酸や胆汁酸などによって分解をされて、そのほとんどが腸まで到達をすることができないことは、他のページでもお話をしましたよね?

実は、腸に到達できずに分解をされる確率の高い乳酸菌のほとんどが動物性だと言われているのです。
動物性は、基本的にはミルクのみに生息をしている乳酸菌で、ミルクに含まれている乳糖のみを栄養源に活動をしています。
そのため、たくさんの微生物と共存をすることが難しく、生命力の弱い菌が多いと考えられています。

それと比べて植物性は自然界に存在をするほとんどの植物に生息をすることが可能で、ブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖などの糖を栄養源に活動をしています。
そのため、さまざまな種類の微生物と共存をすることが可能で、生命力が強い菌が多いと考えられています。
また、植物性は酸やアルカリに強く、温度変化が激しい環境や塩分濃度の高い環境にも対応できるという特徴があるため、胃酸や胆汁酸などで分解をされることが少なく生きたまま腸に到達をすることができると考えられているのです。
死亡をした乳酸菌も善玉菌のエサとなったりと体に有効な働きをおこなうため、腸に対する効果が全くないわけではありませんが、生きて腸まで到達をする方が本来持つ効果をより多く発揮できる可能性が高いのです。
また、乳酸菌はガン予防にも効果的で現代人にはぴったりです。 ガン予防について詳しくはhttp://www.xn--fkqzvy7epia5913ay2tjuv1yf8l2b.com/

このページの先頭へ