生きて腸に届く

ピロリ菌除去に効果のあるLG21

近年、下痢の症状などを引き起こす菌として「ピロリ菌」という名前を耳にする機会が増えてきました。
ピロリ菌とは、胃の粘膜に寄生をしながら生息をして、胃の壁に損傷を与える菌のことを言います。
人間の胃の中は、ph1~2の強い酸性であるため、通常でしたら生物が生息できる環境ではありません。

しかし、ピロリ菌には、酸性を中和することのできる酵素を生成する力があるため、自ら住みやすい環境を作り出して、長い期間胃の中に生息をすることができるのです。
ピロリ菌がどのようにして胃に損傷を与えているのかは、まだ、はっきりと解明されていませんが、最近の研究によって、胃の粘膜が老化をするとピロリ菌が原因となって、慢性胃炎や胃がん、大腸がんなどの病気にかかるリスクが高まることがわかっており、胃潰瘍患者の約80%の人がピロリ菌に感染をしていることもわかってきたのです。
ピロリ菌は食べ物や飲み物などから感染をするケースが多いため、上下水道が整っていない衛生状態の悪い環境で育った50代以上の人の感染率がとくに高く、約7割の人がピロリ菌に感染をしていると言われています。

ただ、50代以下の若い人も安心はできません。
幼い頃に口移しで離乳食を与えられることでピロリ菌に感染をしている人も多く、家族に一人でもピロリ菌に感染している人がいると、高い確率で他の家族も感染をしていると言われているのです。
ピロリ菌を除去の治療は、2種類の抗菌薬と胃酸の分泌を抑える薬を組み合わせておこなうのですが、強酸の状況下でも生き延びることのできる菌を殺すほど強い薬なので、下痢や軟便、味覚障害や肝機能の異常、出血性大腸炎などの副作用が現れることがあります。
また、薬によって約80%の人がピロリ菌除去に成功をするものの、稀にですが、除去に失敗をするケースもあるようです。

ピロリ菌除去ができていないうえに、胃がただれる可能性があるのですから、考えている以上にリスクがあることがわかります。
そこで、安全にピロリ菌を除去することができると期待をされているのが、乳酸菌のひとつである「LG21乳酸菌」です。
LG21乳酸菌はピロリ菌よりも胃酸耐性が強いと言われており、ピロリ菌同様に胃の粘膜に寄生をして生息をすることができます。

また、最近の研究でピロリ菌とLG21乳酸菌を一緒に培養したところ、24時間後にピロリ菌の活動が休止をして、48時間後にはピロリ菌の減少がみられたという結果が出ており、さらに、薬のみでピロリ菌除去をおこなった場合と、LG21乳酸菌と薬を組み合わせて除去をおこなった場合を比べてみると、組み合わせておこなった方が10%以上も除去率が上がったという研究結果が出ています。
また、薬によるピロリ菌除去は、ある程度症状が現れていないと健康保険の対象外になる場合もあるため、症状が出る前に安全なかたちでピロリ菌除去をおこなうためには、LG21が含まれた食品を食べることが手軽で効果的な方法だと言えます。
ただ、LG21乳酸菌はピロリ菌ほど長期に渡って胃に生息をすることができないため、ピロリ菌を除去するためには、継続的に体内に摂り入れることが必要になります。
LG21以外の乳酸菌のシロタ株やL92について詳しくかかれていますのでご覧ください。
また、乳酸菌に期待できる効果一覧がこちらに載っています。
種類によって期待できる効果は違ってきますが、どの種類も腸内環境を整えてくれるのは確かです。

このページの先頭へ