生きて腸に届く

日本人に身近な発酵食品と乳酸菌の関係

発酵食品とは、カビや酵母などの微生物の働きによって作り出された食品のことを言います。
最近では、書籍やテレビなどでも、発酵食品を食べることによる健康法が頻繁に紹介をされていますので、発酵食品が体に良いことは皆さんも知っていますよね?
乳酸菌も発酵食品を作り出す菌のひとつで、とくに、ヨーグルトやチーズ、バターなどの乳製品が有名です。

また、海外でも乳酸菌を利用した発酵食品が多く存在をしており、韓国のキムチやマッコリ、中国のザーサイやヨーロッパのピクルス、ドイツのサワークラウトなどにも使われています。
発酵食品は、もともと偶然から生まれた食品だと言われていますが、その後、保存食品として世界各国で作られるようになり、次第に体への効能があることが分かってきたのです。
このように、さまざまな発酵食品が世界各国で食べられているのですが、世界のどの国よりも発酵食品の種類が多く存在をしているのは、実は日本だと言われています。

日本の発酵食品には、麹菌、酵母、酢酸、酵素などのさまざまな材料が使用をされていますが、
調べてみると、意外にも乳酸菌を利用した発酵食品が多いことが分かります。
例えば、漬け物、味噌、なれ寿司、甘酒などが乳酸菌を利用した日本の代表的な発酵食品で、
日本食には、味噌や漬け物が欠かせないことからも、古くから日本人は乳酸菌を多く摂っていることが分かります。
乳酸菌は、ヨーグルトやチーズのような乳製品を発酵させることで生息をしている「動物性乳酸菌」と、漬け物や味噌のように豆や米、麦などの植物を発酵させることで生息をしている「植物性乳酸菌」の2つの種類に分類をすることができます。

動物性がミルクに含まれている乳糖のみを栄養源としていることに比べて、植物性は植物が持つさまざまな糖を栄養源とすることができます。
また、動物性が特定の微生物としか共存ができないことに比べて、植物性はさまざまな微生物と共存をして生息ができるため、生命力がとても強く、生きた状態で腸まで到達をする確率が非常に高いと言われています。
日本人は欧米人と比べて腸の長さが長いため、乳酸菌が腸まで届くまでに死滅をしてしまう可能性が高いのですが、植物性乳酸菌を利用した発酵食品を日常的に食べることで、腸内環境を整えて健康を維持してきたのです。

このページの先頭へ