生きて腸に届く

熱意によって生まれた生きて腸に届く乳酸菌

日本人に馴染みの乳酸菌飲料と言えば、やはりヤクルトですよね。
昔は、さまざまな所でヤクルトレディーがカートを押して歩いている姿をよく見かけたものです。
ヤクルトの乳酸菌飲料には、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株という乳酸菌が含まれており、一般的にヤクルト菌と呼ばれています。

最近、CMを見ていると「シロタ株」という言葉を耳にすることがありますが、シロタ株という名前は、医学博士でヤクルトの創始者でもある、代田稔博士の名前からとって命名をされています。
実は、ヤクルト菌は自然界にもともと存在をしている菌ではなく、代田博士が研究をおこない、培養をすることに成功をした菌になるのです。
代田博士は、感染病にかかり幼くして死んでいく子供達の姿を見て「少しでも多くの人を健康にしたい」という強い信念を持って微生物研究を始めました。

そして、昭和5年に人間の健康に良い働きをする菌の中から、胃酸や胆汁酸にも分解されにくく、腸まで到達をすることのできる強い乳酸菌を発見したのです。
そして、発見をした乳酸菌を人間の胃酸や胆汁酸に近い環境の中でさらに培養をして、より強い乳酸菌を作ることに成功をしました。
その菌がヤクルト菌なのです。

しかし、菌を口にすることは当時の日本人にとって、とても抵抗のあることであったため、代田博士は、多くの人が気軽にヤクルト菌を摂取することができるように、甘くて、美味しく、飲みやすい乳酸菌飲料を開発しました。
代田博士の「少しでも多くの人を健康にしたい」という思いはそれだけにとどまらず、ヤクルトの販売を始めた当初は、牛乳販売店に卸して販売をおこなっていましたが、少しでも多くの人がヤクルトを飲んで健康になって欲しいという願いから、ヤクルトを専門に売る販売店を全国各地に設けて、代田博士の思いに賛同をした人たちが口伝いにヤクルトの良さを広めていったと言われています。
現在の、家に出向いて販売をおこなうヤクルトレディのかたちも、この頃の流れで自然発生的に始まったものだと言われているのです。
「生きたまま腸に届く」というフレーズで知られるヤクルト菌は、ひとりの研究者の熱い思いによって生まれた素晴らしい菌だったのです。
その他にも生き残りやすい乳酸菌としてラブレ菌などが注目されているようです。

このページの先頭へ