生きて腸に届く

乳酸菌は腸内環境の救世主

腸には、免疫機能を調節する働きがあり、生命を維持するために最も重要な臓器だと言われています。
腸は、食べ物や飲み物などの栄養を体内に吸収するだけの臓器だと考えているかもしれませんが、腸内環境が乱れると、体のさまざまな部分に異変が現れる可能性があるのです。
腸は第二の脳と言われており、さまざまなホルモンが生産され、多くの血管や神経が腸に集まっています。

腸内環境が乱れると、下痢を起こしたり、免疫力が低下をしてウイルスや細菌に感染をするリスクが高まる他、大腸ガンや潰瘍性大腸炎などの病気や、免疫機能の異常によって食物アレルギーなどの病気を発症する可能性が高まります。
腸内環境を整えるために、ヤクルトなどの乳酸菌飲料を飲んだり、ヨーグルトなどの乳酸菌が含まれた食品を食べることが効果的だと言うことは皆さんも知っていますよね?
乳酸菌…。

菌…。
菌を体内に摂り入れると考えるとあまり良い気分にはならないかもしれません…。
しかし、実は人間の腸の中には常に100兆あまりの細菌が存在をしており、腸を正常に機能させるためには、その細菌が欠かすことのできない存在なのです。

腸は、食事などで摂り入れた栄養を体に必要な栄養と不必要なものに分ける作業を常におこなっており、細菌やウイルスのように体に害を与えるものを体の外に排出して、必要な栄養素のみを体内に吸収する働きをおこなっています。
その働きの手助けをおこなっているのが、腸に中に存在をしている腸内細菌です。
腸内細菌は、大きく分けて善玉菌と悪玉菌の2つの種類に分類をすることができます。

善玉菌とは、糖などを分解して腸の中を酸性にすることで、ウイルスなどの病原体を退治して、免疫力を高める役割をおこなう菌のことを言います。
一方、悪玉菌とは、タンパク質や脂質を分解して腸の中をアルカリ性にすることで、発がん生物質や毒性のある有害物質を作り出して、免疫力を低下させる菌のことを言います。
乳酸菌とは善玉菌の一種で、腸の中で乳酸を作り出す働きをおこなっています。
悪玉菌には酸に弱いという特徴があるため、乳酸菌によって腸の中が酸性になると、悪玉菌の数が減って、結果的に腸内環境が改善されるのです。
腸内に善玉菌が多いと風邪などのウィルスに負けない健康な体を作ることができるので、小さいお子さんにも積極的に摂らせたいものです。
好き嫌いが多い子供でも喜んで食べてくれるお菓子で乳酸菌が含まれている商品がありますので、おやつの時間にあげるお菓子を乳酸菌入りのものにしてみてください。
毎日摂り続けることで強い体を作っていくことができます。

このページの先頭へ