生きて腸に届く

悪玉菌が及ぼす影響

農耕民族である日本人は、古くから、野菜や穀物などの食物繊維を多く摂る食生活を続けてきました。
食物繊維には体内で消化されにくいという特徴があるため、長い時間をかけて消化、吸収をするために、日本人の腸の長さは、欧米人と比べて長くなるように進化をしました。
しかし、近年の日本人の食生活は欧米化が進み、野菜や穀物の摂取量が減って、肉などのタンパク質や脂質の多い食事を中心に摂る食生活へと変化をしています。

脂質やタンパク質は悪玉菌の餌となるため、長い時間脂質やタンパク質がとどまることのできる日本人の腸は悪玉菌の絶好の住処となっているのです。
悪玉菌とは、脂質やタンパク質をエサとして体内に悪影響を及ぼす有害物質を生成する菌のことで、アンモニアや硫化水素、インドールなどの有害ガスを発生させます。
悪玉菌が腸に多く存在をしているかどうかは排便を見ることで簡単に判断をすることが可能で、黒に近い色をしていて、臭いがきつく、量が少ない便は、悪玉菌が腸の中で増殖をして有害物質を多く生成をしている可能性があります。

悪玉菌が増えると、排便の臭いや色に変化を与えるだけでなく、腸内活動を阻害して便秘を引き起こします。
便秘によって、体内に細菌や老廃物がたまると、ニキビや吹き出物などの肌荒れの原因にもなります。
また、便秘によって体内サイクルが乱れて新陳代謝が悪くなると、エネルギーが上手く消費されなくなるため、肥満の原因ともなります。

しかし、悪玉菌による体への影響は、これらの美容面ばかりではありません。
悪玉菌の増加によって、腸内活動が正常におこなわれなくなると、免疫機能が低下をしてウイルスや細菌に感染をする可能性が高まる他、花粉症などのアレルギー症状が現れる可能性も高くなります。
また、腸は第二の脳と言われるほど、神経や血管が集まっている臓器で、ホルモンの分泌にも深く関わっています。
腸内活動が正常におこなわれなくなることで自律神経が乱れて、うつ病、拒食症、不眠症といった精神的疾患にかかる可能性も高まると考えられています。
また、悪玉菌の増加によって腸内環境の悪化が進行をすると、胃がんや大腸がんなどの重篤になる可能性の高い病気を発症をする場合もあるのです。
健康な体を取り戻すためには、体内から悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが大切です。
善玉菌を増やすには乳酸菌を腸内に取り込むことが大切なので、ヨーグルトや味噌、キムチなどの
乳酸菌を多く含む食材を積極的に食べるようにしましょう。
従来の乳酸菌は体内に入れても胃酸によって死滅してしまう種類が多かったのですが、最新型の乳酸菌は胃酸に強いため、生きて腸に届けることができます。
乳酸菌を毎日とって健康な生活をおくりましょう。

このページの先頭へ